人違いで裸のまま手錠をかけられた女性 誤認逮捕の警察は3億円超の慰謝料支払い

女性の警察との闘いは、警官が制服に装着していたボディカメラの映像開示要求から始まった。

2021/12/22 06:30

手錠

アメリカ・イリノイ州で2019年に起きた、警察の人違いによる女性への誤認逮捕。女性がひどく怯えるなか、裸のまま手錠をかけられる様子をメディアが証拠映像として公開すると、同情の声が相次いだ。

その女性に対し、破格の慰謝料であり和解金が支払われる模様だ。『NBC News』『CBS News』『NEW YORK TIMES』ほか、全米のメディアが続々と報じている。



 

■ノックなしで女性宅を急襲

2019年2月21日の夜、アメリカ・イリノイ州のシカゴ市でシカゴ市警察が容疑者宅と勘違いしたことにより、ある女性のアパートでとんでもない誤認逮捕が起きた。

捜査令状を持った主に白人の12人の男性警察官が、医療系ソーシャルワーカーであるアンジャネット・ヤングさん(現在51歳)宅を急襲。部屋の扉を蹴破り侵入した際、ヤングさんはリビングで裸でくつろいでいた。


関連記事:Fカップグラドル・我妻ゆりか、セクシーポリスに変身 「逮捕されたい」の声も

 

■裸のまま背中で手錠を

容疑者の男をかくまっていると疑われたヤングさんは、ひどく怯えながらも強く否定したが、裸のまま手錠をかけられた。毛布をかけた警察官もいたが、腕を背中に回しているため肩から滑り落ち、女性警察官が到着してやっと別室で服を着ることができたという。

ヤングさんは「この粗末な扱いは私が黒人だから。若い白人女性なら違ったと思う」と、警察を痛烈に批判している。

次ページ
■弁護士を雇い提訴

誤認逮捕 冤罪は、ここから始まる (幻冬舎新書)【Amazonでチェック】

慰謝料警察官謝罪うつ病誤認逮捕PTSD手錠和解金ボディカメラ翻訳記事ノックなし令状無断家宅捜査令状ブレオナ法シカゴ市
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング