「コロナ検査の結果を待ちたい」と仕事を休んだ女性 上司と激突し解雇処分に

念のため仕事を休もうとしたスタッフが、いきなり解雇されてしまった。

2021/12/24 19:30

絶望する女性

体調を崩し、新型コロナウイルス感染を疑った女性。「同僚にうつしては大変だから」と仕事を休んだところ解雇処分を受けていたことを、『The Daily Star』などイギリスのメディアが伝えた。



 

■新型コロナ感染を疑った女性

3ヶ月にわたりパブで勤務していたイギリスの女性(22)が、少し前に体調を崩した。せきが出て熱も上がったことから「新型コロナウイルスに感染したかもしれない」と考え、検査を受けることにしたという。

まずはラテラルフローテストという検査を受けたところ、「陰性」という結果を得た。しかし納得できなかったことから、念のためPCR検査を受けることにした。


関連記事:「コロナによる肺の不調」と誤診された女性 ようやく受けた検査で末期がんと判明

 

■上司と激突し解雇に

「もし陽性だったら同僚にコロナをうつしてしまう」「PCR検査で陰性結果が出るまで自主隔離しよう」と考えた女性は、上司に連絡し「休ませてください」とお願いした。

ところが上司は「出勤しなさい」「検査結果を待つという理由で休ませるわけにはいかない」などと主張し、女性を困らせた。それでも休むことを選んだ女性を待っていたのは、まさかの解雇処分だった。

次ページ
■上司の言い分は…

コロナ解雇女子~絶望から立ち上がるまでの5か月間の記録~【Amazonでチェック】

検査解雇新型コロナウイルス陰性陽性自主隔離翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング