『明石家サンタ』番組ラスト3分で“珍事” 明石家さんまが強制終了

ラスト15人目は男性視聴者。想像以上に訛りが強烈で、さんまもお手上げ。

2021/12/25 09:15

明石家さんま
(写真提供:JP News)

クリスマス恒例の生番組『明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー』(フジテレビ系)が24日深夜に放送。最後に電話出演した男性視聴者の訛りが強すぎて、明石家さんまが聞き取れないという“珍事”が起きた。



 

■放送終了3分前に最後の電話

事前に視聴者から電話・はがきで「今年1年間に身の回りで起こった寂しい話」を募集。採用された人には、サンタに扮した明石家さんまが生電話、面白ければ豪華プレゼント獲得のチャンスが得られる。

14人に電話し終えたところで、放送終了3分前。急いで最後の視聴者に電話を繋ぐ。


関連記事:『明石家サンタ』でハプニング “映ってはいけないモノ”がカメラに…

 

■さんまが強制終了

ラスト15人目は男性視聴者。想像以上に訛りが強烈で、さんまは「え? 誰や? 何ですって?」と聞き取れず。その後のトークで「山形出身の52歳」とまでは分かったが、なかなか会話が成立せず、さんまはお手上げ状態。机に突っ伏して爆笑した。

結局、「もう時間がないから合格です」と強制終了。男性視聴者は、競輪レース命名権&クロスバイクを獲得し「ありがとさま」と方言で感謝を伝え、爆笑のままオンエアは終了した。

次ページ
■視聴者大ウケ「今年いちばん笑ったかも」

方言の日本地図 ことばの旅【Amazonでチェック】

方言山形明石家さんま明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング