マクドナルドの10代クルーの機転 チキンナゲットを喉に詰めた客を救い称賛

買ったばかりのナゲットを食べようとして死にかけた客を、クルーが救った。

2021/12/26 16:00

マクドナルド

チキンマックナゲットが喉に詰まり、苦しみ始めた女性客。その様子を見た15歳のクルーが命を救っていたことを、『New York Post』『The Mirror』など海外のメディアが伝えた。



 

■客の異変に気づいたクルー

アメリカ・ミネソタ州のマクドナルドでクルーとして働くシドニー・レイリーさん(15)が、先日もいつものようにドライブスルーで客の対応に当たった。

ひとりの女性客が注文したチキンマックナゲットを受け取り、それを頬張りながら残りの品を待っていたが、突然苦しみ始めて激しい咳を連発した。

その様子を見て「ナゲットを喉に詰めたに違いない」と直感したシドニーさんは、迷わず窓から飛び出して客に寄り添った。


関連記事:キムタク流 マクドナルド「ダブルチーズバーガーの食べ方」が激ウマすぎる

 

■応急処置で客をレスキュー

シドニーさんは「通報してください」と店長に大声で伝えるなり、喉のナゲットを取り除こうと「ハイムリック法」なる応急処置を実践。しかしうまく行かなかったため近くにいた人に協力を要請し、ようやくナゲットの除去に成功した。

シドニーさんは、11歳のころに赤十字主催の子守講座を受講。その際に学んだハイムリック法を覚えていたおかげで、女性客の命を救えたのだという。

次ページ
■警察からも感謝の言葉

改訂版! 人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった【Amazonでチェック】

マクドナルドグルーチキンマックナゲットドライブスルー翻訳記事ハイムリック法
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング