6歳女児に性感染症が発覚 病院からの通報で実父の同居人を緊急逮捕

親権を持つ父親は、同居人の蛮行にまったく気づくことはなかったのか。

2021/12/26 20:50

少女・女の子・泣く・絶望・落ち込む

まだ6歳という年齢の幼い子供が、性感染症に感染していることが明らかになった。そこで警官たちが事情を聞いたところ、意外な事実が判明。実の父親の知人が身柄を確保されたことを、『Fox News』などアメリカのメディアが伝えている。



 

■検査で性病が判明した女児

先日、アメリカ・アリゾナ州で暮らす女の子(6)が病院に行き診察を受けた。このとき担当した医師たちは、女の子が性病を患っていることを確認。まだ幼い女の子の身に何かが起きたと確信し、すぐに現地警察に連絡して事情を伝えた。

駆けつけた警官たちが女の子を保護して事情を聞いたところ、質問に素直に答えた女の子は、父親のルームメイトに性的暴行を加えられたことを明かした。


関連記事:タバコ店主が幼女5名に性的暴行 母親が「無料」の交換条件で娘たちを差し出す

 

■20代の男を緊急逮捕

ただちに捜査を開始した警察は、21日に女の子の父親の同居人であったジェイコブ・サリヴァン(26)という男を逮捕。事件の経緯について詳しく調べを進めているというが、父親とサリヴァン容疑者の関わり、また女の子の母親に関する情報などは伏せられたままだ。

女の子については、性病の診断に続き治療も必要な状態だとみられているが、現在どこにいるのかといった情報は明かされていない。

次ページ
■女児は容疑者と同居か

子どもは「この場所」で襲われる(小学館新書)【Amazonでチェック】

性病性感染症性的暴行性的虐待翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング