「最後の食事」注文した客の異変を察知 自殺を食い止めたデリバリースタッフに褒賞金

客を心配し、家に急行したデリバリースタッフ。もし到着が遅れていたら、客は死んでいたかもしれない。

2021/12/27 19:40

デリバリー・出前

さまざまな悩みを抱え、「死んでしまおう」と考えた男性。しかし異変に気づいたデリバリースタッフが駆けつけ通報していたことを、『AsiaOne』などの海外メディアが伝えた。



 

■客のリクエストに衝撃

14日の夕方、中国で暮らす男性が豆腐料理の出前を頼んだ。その際に男性は「俺の人生最後の食事なんだ」「だから絶対に届けてもらわないと困る」とリクエストしてあったという。

デリバリーを任されたスタッフは「悪い冗談かも…」と思いつつ、客が自殺を考えている可能性があるとも考えた。「一刻も早く様子を確認しに行こう」と決めたスタッフは、男性の家に向った。


関連記事:始業時間は職場に到着する時間? 解釈違いでスタッフと店長にトラブル勃発

 

■死のうとしていた客

男性宅に到着したスタッフがドアをノックしたが、誰も出てこなかった。スタッフはあわてて通報し、警察に事情を話して「すぐに来てほしい」と伝えた。

駆けつけた警官たちが家に入り、睡眠薬を大量に飲んで意識を失う寸前の男性を発見。男性はそれでも窓のそばから離れようとせず、飛び降りて死のうとしていたという。

次ページ
■迅速な通報が功を奏す

自殺しないための99の方法【Amazonでチェック】

自殺デリバリー翻訳記事褒賞金
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング