「ワクチンを打って」と懇願するコロナ重症患者も 医師が改めて接種を呼びかけ

「手遅れです」と患者さんに伝えるのは、本当につらいと医師は語った。

2021/12/27 11:00

ワクチン・新型コロナウイルス

今もなお多くの国々で新型コロナウイルスの感染が拡大しており、重症化する人や死亡する人も少なくはない。そんな中、イギリスの集中治療医がワクチン未接種のまま感染・重症化した患者の様子を告白。その多くが病床で「先生、接種したい」と懇願することを明かした。

医師のコメントを『New York Post』などの海外メディアがまとめて紹介している。



 

■「ワクチンを」と懇願する重症患者

イギリスの病院で集中治療医として勤務するトム・ロートン氏が、新型コロナウイルスに感染し重症化する患者たちの様子を、現地メディアに告白。

重症化する患者の多くがワクチン未接種だというが、容体が悪化して初めて医師に「先生、ワクチンを打ってください」と要求するのだと明かした。

だが感染・重症化してからでは、接種をしてもすでに手遅れだ。その事実を患者に伝えるたび、ロートン氏は胸が痛むのだという。


関連記事:ワクチン拒否のビーガン男性が新型コロナ感染 医師に接種を懇願するも手遅れに

 

■ワクチン接種の重要性

「ワクチン未接種の人たちがどんどん感染・重症化し、集中治療室に運び込まれてくるのです」というロートン氏は、世界中で感染が拡大しているオミクロン株にも言及。「ぜひブースター接種を受けてほしいと思います」と呼びかけた。

ロートン氏はまた「(オミクロンは)ワクチン接種済みの人、またコロナに感染経験がある人にもうつる可能性があります」と話すが、「ワクチンを接種しておけば感染しても軽症ですむかもしれません」とも述べている。

次ページ
■変異株の脅威

免疫力を強くする 最新科学が語るワクチンと免疫のしくみ (ブルーバックス) 【Amazonでチェック】

ワクチン集中治療室新型コロナウイルス翻訳記事オミクロン株
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング