「苦しむ姿を見たくない」 白血病で余命わずかの妻を夫が殺害し自殺未遂

愛する妻だからこそ、夫は病で苦しい思いをさせたくはなかったようだ。

2021/12/27 16:20

老夫婦・夫婦

長いあいだ支え合っていた妻が、重病に…。すでに末期だと知らされた夫が妻を殺害していたことを、『Metro』などイギリスのメディアが伝えた。



 

■大恋愛を経て異国へ

イギリスで暮らしていたデヴィッド・ハンターさん(74)は、キプロスで休暇を満喫中に理想の女性ジャニスさん(75)に出会い、恋に落ちた。

そのままふたりは交際を続け、52年前にゴールイン。1990年代にはキプロスに拠点を移し、仲良く暮らしていたそうだ。夫婦はそろって温厚で、大変優しい性格でもあったことから、多くの人たちに慕われていた。


関連記事:金属探知機でお宝のブローチを発見した男性 思いがけない幸運にガッツポーズ

 

■重病を患った妻

結婚から半世紀以上。年老いたジャニスさんが体調を崩し病院で検査を受けたところ、白血病を患っていることが明らかになった。

「すでに末期で治る見込みがない」という診断に夫妻は衝撃を受け、とりわけ妻を心から愛するデヴィッドさんは深く悲しみ、妻に同情した。苦しそうなジャニスさんの姿に胸を痛め、「見ていられない」と思い詰めるようになったという。

次ページ
■妻と死にたいと考えるように…

おふたりさま夫婦、老活はじめました。 ~どうなる!? 私たちの老後~ (本当にあった笑える話)【Amazonでチェック】

自殺白血病窒息死翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング