立川志らく、自身の10大ニュース第1位を発表 「この戦場にいた事は勲章」

立川志らくが自身の10大ニュースを投稿。今年の出来事を振り返りつつ、第1位に掲げたのはあの番組についてだった。

2021/12/31 13:30

立川志らく

落語家の立川志らくが31日、自身のツイッターを更新。28日から3日間をかけて発表してきた、自らの2021年10大ニュースの第1位を発表した。

【ツイート】グッとラックの打ち切りも勲章



 

■自身の10大ニュースを発表

志らくは28日から3日間をかけ、ツイッターで自身の2021年10大ニュースを発表してきた。

通算5度目となるNHK『演芸図鑑』ナビゲーターを10月から11月にかけて担当したことが10位に、6位にはAbemaTV『新しい地図』で解散騒動以来ずっと応援してきたというSMAPメンバーと対面を果たせたことを挙げた。


関連記事:立川志らく、五輪中止論者から一転の謝罪 「素晴らしいものを見せてもらって」

 

■ニッポン放送との深い縁も

また、TBS『グッとラック』で親しくなったという辛坊治郎氏がヨットで太平洋を横断している期間には『辛坊治郎ズームそこまで言うか!』(ニッポン放送系)の代打を担当。

その縁で11月には『立川志らくのオールナイトニッポンGOLD』の特番で初めてパーソナリティを担当したことなどに言及し、2021年の思い出を振り返った。

次ページ
■グッとラック打ち切りも勲章に

立川志らく『銀座噺 志らく百点』【Amazonでチェック】

オールナイトニッポン打ち切りAbemaTV新しい地図立川志らくグッとラック!勲章辛坊治郎ズーム そこまで言うか!敗軍の将10大ニュース
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング