「世界一肥満な女の子」が見違えるほどの美少女に 意外な問題も残り…

大減量に成功した少女。未だ残る問題に向き合う姿に「健康のため、強い意志で食欲に打ち勝って」と応援の声も。

2022/01/02 04:45

ダイエット・肥満

かつて「世界一太った女の子」と呼ばれていた、アメリカのある女子小学生。このたび190㎏あった体重から145kgのダイエットに成功し見違えるほどの美少女になったと、イギリスの『The Sun』や『DAILY NATION TODAY』が報じている。

ただし、喜びも束の間。ある問題に直面しているという…。



 

■日々10,000カロリーを摂取

大減量が話題になっているのは、アメリカのテネシー州・ノックスビルに住む8歳のジェシカ・ゴードちゃん。

病的な肥満症だった彼女は、かつては2時間おきに空腹を訴え、そのたびにスナック菓子や軽食を口にしていた。一日の食事は15個のハンバーガーにくわえ、チップスやパン、チョコレートなど。総摂取カロリーは10,000カロリーにも及んでいたという。


関連記事:室内すら歩けなかった254kgの超肥満女性 水泳にハマり1年で95kg減量に成功

 

■空腹でかんしゃく

ついに体重が190kgにもなり、ジェシカちゃんは「世界一太った女の子」と呼ばれるようになってしまった。

母親のキャロラインさんは、メディアに「空腹になったときに食べ物がないと、娘はかんしゃくを起こして大変でした。だから手の届く場所に軽食を置き、いつでも食べられるようにしてしまったのです」と反省の言葉を語っている。

190kgもの巨体を脚でしっかり支えられず、ゴロゴロと床を転がりながら移動していたジェシカちゃん。ある日、呼吸困難に陥り、危険な状態で東テネシー小児病院へと搬送された。

コカ・コーラ 500mlPET×24本【Amazonでチェック】

次ページ
■145kgもの大減量に成功
ダイエット体重カロリー肥満世界一食欲減量翻訳記事かんしゃく理学療法
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング