職場でのおならを注意された弁護士が同僚を告訴 裁判所の見解は…

繰り返されるおならに同僚はウンザリ。一方で、当の本人にはどうしてもおならを我慢できない理由があり…。

2022/01/02 05:00

弁護士

「職場でのおならを止めるよう」繰り返し求められていた弁護士の男性が、尊厳を侵害されたとして同僚や職場を相手に訴訟を起こしたと『The Irish Times』『The Guardian』などの海外メディアが報じている。



 

■職場で繰り返されるおなら問題

イギリスで上級法廷弁護士として働いていたタリック・モハメッドさんは、同僚のポールさんからオフィスでのおならを止めるよう、再三にわたって注意されていた。

静かな部屋で繰り返されるおならの音にうんざりしていたポールさんに「どうしても(おならを)外ですることはできないのか」と質問され、「できない」と答えたタリックさん。しかし、どうやらそれには事情があったようで…。


関連記事:意外な理由で全裸睡眠はNG? 美容整形外科医の動画で長年の論争に終止符か

 

■どうしてもおならを止められない理由とは

タリックさんの主張によると、彼のおならは当時服用していた心臓病の薬の副作用として出てしまっていたようだ。確かに、自分の意志に反しておならが出てしまうのであれば、止めようがないという説明も理解できなくはない。

同僚の要求に納得できなかったタリックさんは自身の尊厳が侵害されていると感じ、職場でのいじめや病気による障害差別で、裁判所に訴えを起こすことにした。

次ページ
■裁判所の判断は…

ガスピタンa36錠(第3類医薬品)【Amazonでチェック】

弁護士おなら裁判翻訳記事心臓病
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング