酸をかけた彼氏を許し婚約した女性 失明寸前の報告に周囲は「絶対に止めとけ」

服役中も彼女に謝罪と愛情のメッセージを送り続けた末、プロポース。祝福すべき入籍報告にも、周囲は渋い顔…。

2022/01/02 05:45

暴力

別れ話のもつれが原因で、交際相手の男から顔面に酸をかけられ失明寸前になった1人の女性。なんとその男を許し、このたび婚約したという。その報告に対する炎上について、ギリシャの『GREEK CITY TIMES』やイギリスの『Mirror』が報じている。



 

■酸を彼女の顔面めがけ…

トルコに住む現在20歳のベルフィン・オゼクさんは、2年前、カシム・オザン・セルティックという23歳の男と交際をしていた。

しかし、別れ話がもつれて激しい口論に。キレた男は、ベルフィンさんの顔面めがけて酸を投げかけた。彼女の顔は焼けただれ、瞳は視力を失うなど重傷を負い病院へと搬送された。


関連記事:玄関先で「殺しに参りました」 恐怖のストーカー男が監視カメラ映像拡散で逮捕

 

■男は繰り返し謝罪

男は傷害罪で逮捕されたが、警察には「別れた後、他の男に彼女を取られたくなかった」と供述。自己中心的な性格に、誰もが怒り心頭に発していた。

トルコの裁判所は男に懲役13年半の有罪判決を言い渡したが、服役中もベルフィンさんに謝罪と愛情を伝えるため頻繁にメッセージを送り、関係が途絶えることはなかった。

そんな中、新型コロナの影響で刑期がわずか2年に縮まり、男は幸運にも出所。ただちにベルフィンさんの元へ行きプロポーズしたという。

次ページ
■男と結婚した娘に親は…

家庭内暴力―嵐をのりこえるために【Amazonでチェック】

結婚夫婦プロポーズDV暴力別れ話家庭内暴力失明翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング