掃除機ロボット開発者の逆転人生 口座残高700円で子供の学費も払えない過去も

一度は挫折を味わったシンガポールの起業家が、ロボット掃除機ビジネスで大成功。「失敗に恐怖は付き物」と語り…。

2022/01/02 05:30

ロボット掃除機

シンガポールのある男性にとって、人生の一大ターニングポイントとなった「掃除機ロボット」の成功。どん底と言うべき苦しかった人生から有名起業家となるまでの這い上がりが、あまりにも見事だと注目を集めている。『AsiaOne』が報じた。



 

■4,600万円投資するも…

男性は、シンガポールに住む起業家のジョナサン・クエックさん(47)。2015年に心理カウンセラーだった妻のヴァイオレットさん(50)とともに、オンライン教材の開発と販売に約4,600万円も投資した。

新型コロナの影響もあり、今でこそオンライン教材の需要は伸びているが、その頃にはまだ人気がなく事業は失敗。

当時を振り返り、夫妻は「共働きの親たちが増え、仕事で疲れて帰宅し、その後に子供のオンライン学習に付き合うほど体力も気力もない。この現状に気付かなかったのです」と語っている。


関連記事:大谷翔平選手、プロフィールに衝撃の事実判明 「波紋の戦士」説が浮上してしまう

 

■学費も払えなくなる

夫婦には14歳と11歳になる2人の娘がいるが、やがて預貯金は底をつき、ついに銀行口座の残高は700円ほどに。小学校の費用も払えなくなり、教育省から支払いの督促状を受け取ったジョナサンさんは、「情けなくて涙が止まらなかった」という。

その後、仕事を探すも40歳になっていた彼を雇ってくれる会社には出会えず、次第にうつ病を患うように。寝室に引きこもり、一日中家族とも話をせず、食欲のない日が半年間も続いたそうだ。

Anker Eufy RoboVac 11S (ロボット掃除機)【Amazonでチェック】

次ページ
■クリーニング会社を設立
貯金起業家掃除機翻訳記事ターニングポイントチャンギ空港掃除機ロボットGlobotix
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング