「友達になって」を拒否され… キレたストーカーが嫌がらせ連発で逮捕

願いが叶わず、嫌がらせを開始。ターゲットにされた家族は、約6ヶ月も耐えるはめに…。

2022/01/03 08:00

ストーカー

親しくなりたい一心で贈り物と手紙を届けたものの、拒絶されて腹を立てた男。その後に執拗に嫌がらせを続け通報されていたことを、『AsiaOne』などの海外メディアが伝えた。



 

■「友達に」と望んだ男

シンガポールで暮らす若い男(21)が、あるアパートの一室で暮らす家族を見かけ、そのうちの2人をすっかり気に入った。

「あの子たちと、ぜひ友達になりたい」と考え、2人のために衣類を購入。今年2月にはそれと瓶入りのクッキーをアパートの外に置いて帰ったが、2人はそれを見て喜ぶどころか、嫌悪感を抱いたようだ。


関連記事:出会い系で女になりすました男を殺害した被告 「だましたほうが悪い」と主張

 

■贈り物を返され激高

「ぜひお友達になりたいのです」という手紙まで送られ怖くなった2人は、男の父親を探し出し、贈り物を返しに行き事情を伝えた。すると男は腹を立て、2人を恨むようになった。

男は2人が家族と同居するアパートにたびたび足を運ぶようになり、靴やドアマット、荷物などを盗んでは廃棄するという犯罪行為をくり返した。

次ページ
■執拗な嫌がらせ

「ストーカー」は何を考えているか(新潮新書)【Amazonでチェック】

ストーカー話題嫌がらせシンガポール翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング