キンコン西野、新型コロナ隔離で「厚労省の偉い人」に助け求める ひろゆきも反応

西野亮廣が新型コロナ隔離期間中に充電残量がピンチになり助けを求めている。

キングコング・西野亮廣

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が5日、公式ツイッターを更新。新型コロナウイルスの帰国制限で隔離を受けている西野がスマホの充電がなくなりピンチになっているようだ。

【写真】スマホの残量がピンチで絶望



 

■隔離から助けを求める

西野は「厚生労働省の偉い人へ」とツイッターで呼びかけた。「オミクロン株の対応でお忙しいところ申し訳ありません」と前置きした西野だが、現在は新型コロナウイルスの水際対策で隔離を受けているところのようだ。

あと7日間の隔離が残っているにも関わらず、手持ちのスマートフォンの充電残量が12%とピンチな西野は「これ、持ちますか?」と助けを求めた。


関連記事:西野未姫、渋谷区ワクチン接種に当選 倍率10倍に「運を使い果たしたかも」

 

■ひろゆきも助け舟

西野に「充電器もってかなかったの?」「充電器を忘れちゃダメだろ」と疑問の声も多かった。しかし西野も「スマホが死んだ(充電ができない)場合」という条件で問いかけているのもあり、充電器はあるのだがスマホ側が故障により充電してくれない可能性もある。

西野のツイートにひろゆきも「去年、検疫所の確保したホテルに強制的に隔離された際は、amazonや知人がホテルにおいらの名前で荷物を届けてくれると、次の日の朝においらの部屋に来るというシステムがありましたよ」と助け舟を出す。

西野のツイートから現在ピンチになっている原因ははっきりと分からないのだが、この窮地を無事に切り抜けることはできるのだろうか。

次ページ
■厚労省の偉い人へ呼びかけ

西野亮廣『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』【Amazonでチェック】

スマートフォン充電西野亮廣キングコング西村博之ひろゆき新型コロナウイルス水際対策オミクロン株隔離期間
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング