買い物へ行くとき 約3割が経験している「やっちまった」出来事とは…

いまや買い物へ行くときの必需アイテム。忘れるとちょっと「悔しい」かも…?

2022/01/06 06:00

紙パック飲料に手をのばす女性

レジ袋が有料化され、我々の生活に小さいようで大きな変化がもたらされた。現在では、レジでのやり取りも随分とスムーズになった印象だが、一方で“うっかり忘れ”によってピンチに陥ってしまった人も…。



 

■約3割が「エコバッグをよく忘れる」

Sirabee編集部が全国の10代~60代の男女410名を対象に実施した調査では、全体で32.9%の人が「買い物に行くとき、いまだにエコバッグをよく忘れる」と回答した。

エコバッグを忘れがちな人の割合

男女別に見ると、女性の28.4%に対して男性が38.0%と高く、性年代別では10代・30代男性が56.7%と最も高い割合となった。一方で、主婦層に該当するであろう40代~60代女性はかなり少なく、多くの人がエコバッグを持ち歩く習慣が身についている様子がうかがえる。


関連記事:セブン、1分間で6000個が品切れになったエコバッグ 予約販売を開始

 

■レジ袋有料化からもうすぐ2年

環境問題への取り組みとして、2020年7月より全国で一斉にスタートしたレジ袋の有料化。そのため、いまやエコバッグやマイバックは買い物へ行く際の必需アイテムのひとつだ。

レジ袋は、1枚あたり2~5円程度が相場となっているが、飲食品や日用品をまとめて買う場合などは大サイズ(5円程度)となるため、エコバッグを忘れてしまった際にはやや悔しい思いをしたという人は少なくないはず。

次ページ
■忘れたときはこんな対策も?

BAPE KIDS ショッピングバッグ&MILO型エコバッグBOOK【Amazonでチェック】

コンビニ買い物スーパー環境問題話題エコバッグレジ袋有料化マイバッグ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング