佐藤二朗、「娘役が美人ばかり」の声に反応 「俺のDNA、有給取ってたんだな」 

佐藤二朗が娘役がキレイどころばかりという説に持論で反応した。

佐藤二朗
(写真提供:JP News)

俳優の佐藤二朗が6日、自らの公式ツイッターを更新。父親役として作品に出演する時の娘役にキレイどころがそろっていることに持論で説明した。

【ツイート】娘役との差に「俺のDNA、有給取ってたんだな」



 

■娘役が似ていない説が浮上

佐藤はツイッターで見かけた娘役の見た目に佐藤のDNAが全然仕事をしていないという意見のもっともさに笑ってしまったのだという。2022年1月21日に公開予定の「さがす」では、伊東蒼が指名手配犯を目撃した翌日に失踪してしまう佐藤の娘役を熱演。

他にも2020年8月に放送された日本テレビ系ドラマ「親バカ青春白書」では今田美桜が、2018年の映画「50回目のファーストキス」では長澤まさみが佐藤の娘役を演じるなどキレイどころがそろっている。


関連記事:佐藤二朗、ダンディにキメるも切ない結末を告白 「墓場まで持っていくように」

 

■娘役がかわいい説は昨年にも

意見に対して佐藤は「遺伝子の下克上を表現しようとしているのである」という思いつきだという説を明かした。佐藤は最後に「俺のDNA、有給取ってたんだな」と結論をまとめている。

ツイッターでは佐藤の投稿に「それは言わない約束でしょ」「有給取れるとか、めっちゃホワイト」というファンの声もあった。

じつは昨年も佐藤は娘役にはかわいい子が多すぎないか説に答えていたようだ。娘役にキレイどころが多すぎて、この手の意見が佐藤はついつい気になってしまうのかもしれない。

次ページ
■娘役はDNAが有給と持論

佐藤二朗出演『誰かが、見ている』【Amazonでチェック】

有給休暇長澤まさみ佐藤二朗今田美桜下克上50回目のファーストキスDNA親バカ青春白書さがす伊東蒼
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング