“巨大観音像解体風景”空撮が話題 撮影者は「足場の職人技に感動」

撮影者は「空撮をするにあたり、安全を考慮して下に人がいないであろう工事の休みの日を狙った」と述べた。

2022/01/06 18:45

観音像解体空撮

1982年に建てられた兵庫県淡路島にある、高さ約100メートルの「世界平和大観音像」は、昨年6月に解体に向けた工事が始まった。地元出身の不動産業者が建てたものだが、国が民法の手続きを経て総工費8億8千万円をかけて更地にする。その風景の写真がSNS上で話題を呼んでいる。

【画像】壮大な巨大観音像解体現場



 

■足場に圧倒された

投稿したキョンさんが、この風景を空撮したのが2020年末頃。Sirabee編集部の取材に対して「10年で10回以上足を運んだ場所」と話す。また、「何段にも組まれた足場に圧倒された。撮影した日は風が強い日だったが、びくともしない足場の職人芸に感動した」と語った。

さらに「空撮をするにあたり、安全を考慮して下に人がいないであろう工事の休みの日を狙った」と述べた。全国を飛び回っていろいろな場所を撮影し、2021年二科展にも入選。

「写真は私の生きざま。写真なくして自分はないものも同然で、作品作りは自分の心象の表現方法でもある。空撮は通常の数倍の視野を広げてくれるので、さまざまなものを空から撮影したい」と意気込む。


関連記事:パンで表現した「マグロの解体ショー」が話題 身を捌くと衝撃の展開が…

 

■県や市は対応に苦慮

世界平和大観音像は、所有者の男性が1988年に亡くなり後を継いだ妻も死去。2006年に施設が閉館すると管理が行き届かなくなり、外壁がはがれ落ちるなど危険な状態となった。

県や市が対応に苦慮する中、親族も相続を放棄したため、ほかに相続する人がいないかを確定させる手続きを経て、2020年3月に国の所有となり解体が決まった。

次ページ
■解体工事に遅れなし

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

淡路島兵庫県相続財務省空撮民法近畿財務局解体足場世界平和大観音像
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング