大みそかに段ボールで捨てられた新生児 病気で絶望の母親が手放した可能性も

メモに「この子を育てる余裕がありません」とつづった赤ちゃんの母親。それは、金銭的な問題だけではないのかもしれない。

2022/01/07 11:30

新生児・赤ちゃん

アメリカ・アラスカ州で大みそかの昼過ぎ、新生児の入った段ボール箱が捨てられているのを1人の女性が発見した。「メモをみる限り、とにかく気になることばかりです」という女性が、SNSでさっそく情報を公開したと『NEW YORK POST』『Daily Beast』などが報じている。



 

■名前も付いていた赤ちゃん

生まれて間もないとみられる赤ちゃんが発見されたのは、アラスカ州フェアバンクスの住宅街にある郵便受けの近く。段ボール内で新生児が泣いていることに、ロキシー・レーンさんという女性が気づいて保護した。

赤ちゃんは毛布にくるまれた状態で、母親が書いたらしきメモも入っていた。そこには「12週の早産で誕生しました。名前はテショーンです」と書かれていたという。


関連記事:世界最小212グラムで生まれた超未熟児 医師らの手厚いケアで家族の元へ

 

■赤ちゃんポストを知らない?

ロキシーさんはFacebookに、この件について情報を公開。赤ちゃんは病院で健康であることが確認され、現在はしっかりとケアされており、安心だとしている。

アメリカには、事情があって赤ちゃんを育てられない親が、病院、警察、消防署などに出向き、匿名でわが子を職員に手渡すことを認める法律がある。さらに、いわゆる「赤ちゃんポスト」も各地に設置されている。

当時のフェアバンクスの気温はわずか摂氏1度であり、その母親は、より安全な方法があることを知らなかった可能性もあるようだ。

次ページ
■泣く泣く手放した可能性

なぜ、わが子を棄てるのか 「赤ちゃんポスト」10年の真実 (NHK出版新書)【Amazonでチェック】

Facebook段ボール里親赤ちゃんポスト新生児翻訳記事フェアバンクスアラスカ州
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング