機内トイレのゴミ箱から赤ちゃんが発見 20歳母親を遺棄の疑いで逮捕

度々起こる赤ちゃん遺棄事件。そうなる前に、できることはなかったのだろうか…。

2022/01/08 17:30

飛行機・トイレ

2022年の元日、飛行機内トイレのゴミ箱から、生まれたばかりの赤ちゃんが発見された。イギリスの『The Sun』や『BBC』が報じている。



 

■目的地に無事着陸するも…

1日、マダガスカルのアンタナナリボ・イヴァト空港を出発したモーリシャス航空のMK 289便は、目的地のサー・シウサガル・ラングーラム国際空港に予定通り着陸した。

全乗客の降機が終わり、機内に不審物や忘れ物がないかなどの確認が済むと、空港職員によるチェックや清掃が始まった。


関連記事:飛行機でオムツをゴミ箱に捨て「搭乗お断り」 ブラックリスト入りの母親が怒りの訴え

 

■妊娠していた女

すると清掃員が機内トイレのゴミ箱から、まだ生まれたばかりの赤ちゃんを見つけた。

空港職員たちは赤ちゃんの生存を確認し、急いで病院へ搬送。通報を受けた警察は乗客リストから妊娠中の20歳の女を特定し、その女を発見した。なお赤ちゃんは、健康が確認されているという。

次ページ
■退院を待って起訴

捨て子【Amazonでチェック】

出産赤ちゃん飛行機妊娠ごみ箱空港遺棄翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング