雪が少ない地域で雪国出身者を見分ける方法が話題 「無意識にやっている」

雪の降らない地域で雪国出身者を見分ける方法が話題。じつは雪害対策にも役立つ方法だった…。

2022/01/11 04:00

6日に関東で観測された雪によって、電車の遅延や車のスリップ事故などが発生した。 今ツイッター上では、関東で雪国出身者を見分ける方法が話題になっている。

【話題のツイート】気になる雪国経験者の見分け方とは…



 

■車のフロント部分に特徴?

雪

「関東で雪国出身者あるいは経験者を見分けるところ」とコメントを添え、雪が降りしきる駐車場で撮影された一枚を投稿したのは、ツイッターユーザーのmasanagaさん。そこには自動車が写されているのだが、左右の自動車の違いはワイパーが立っているかいないかである。

知っている人も多いと思うが、雪の日はワイパーを立てたほうが良いといわれている。その理由は、フロントガラスにワイパーが張り付いたまま凍結して動かなくなるのを防ぐのと、フロントガラスの雪かきを簡単にするためだ。関東の平野部ではあまり雪が降らないので、雪の日にワイパーを立てる習慣はあまりない。


関連記事:大雪の翌日、自家用車に起きた悲劇が話題に 「これは絶望ですね…」

 

■納得の声が続出

masanagaさんの投稿にネットでは、「そっか、関東にはこういう風習ないのね」「無意識にやっている」「これは大事だね」「雪降とワイパー上げるの常識」「ワイパー上げてる姿を見るの懐かしい」など、雪国居住者と思われる人からのコメントが続出。

その一方で、「これってどういう意味なんですか」「なんで立てているの」といった具合に、その理由を知りたがるコメントも見られた。

次ページ
■投稿者は山形で…

雪対策グッズはこちらから【Amazon】

関東山形雪国ワイパー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング