亡き夫が第二次大戦中に母親へ宛てた手紙 76年の時を経て妻の元に届く

大戦中にドイツからアメリカに宛てて書かれた手紙が、76年後にペンシルバニア州の郵便施設で突如姿を現した。

2022/01/14 19:30

手紙・古紙

タイムカプセルに入れたものなど、過去の手紙がふと届いたという話題は、これまでにもあった。しかしこのたびある女性のもとに届けられた手紙は、第二次大戦中に書かれたものだったことが発覚し、話題を集めている。『Mirror』など海外メディアが報じている。



 

■1945年に書かれた手紙

海外で暮らすアンジェリーナさんという女性のもとにある日、1通の手紙が届いた。受け取ったアンジェリーナさんは、自分の目を疑ってしまったという。

それもそのはず、手紙は陸軍軍曹だった女性の夫ジョン・ゴンザレスさんが、22歳だった1945年12月6日に、駐留地のドイツからアメリカ・マサチューセッツ州にいる自身の母親に向けて、書いたものだったのだ。


関連記事:「うるさい子供を早朝から外に出すな」 隣人からの苦情に母親がショック

 

■「夫が帰ってきた気分」

手紙には、母親からの手紙を無事受け取ったということや、「僕もなんとかやれてるよ。食事は美味しくないけど…。早く会えると良いな」と、自身の近況が綴られていた。

手紙を書いた夫は2015年に、そして手紙を受け取るはずだった夫の母親もすでに他界している。しかし、ジョンさんがこの手紙を書いてから5年後に知り合い、結婚したアンジェリーナさんの元へ、76年もの月日を経て届けられたのだ。

アンジェリーナさんは「信じられないです。すごくうれしいですよ、夫が帰ってきた気分です」と、驚きと喜びを語った。

次ページ
■突如姿を現した手紙

→最大60%OFF Kindle本ビジネス書キャンペーン 対象2,000冊以上!

手紙ドイツクリスマス第二次世界大戦ペンシルバニア州翻訳記事USPSマサチューセッツ州
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング