千葉県内の高台にある“謎神社”が話題 町は「漁師の神様」

町の担当者は「漁業が栄えていた時代には漁師たちで賑わったようだが、現在は町民もあまり行かない場所になっている」と述べた。

2022/01/14 16:45


 

■階段を町が整備

また、町史によるとこの神社が建てられたのは1711年で、一度消失したが1768年に再建された。グーグルマップ上では古峯神社との記載があるが、町史には「古峯神社と合祀(ごうし)された」との記載があるという。さらに1989年にはこの神社に行くための階段を町が整備。

町の担当者は「漁業が栄えていた時代には漁師たちで賑わったようだが、現在は町民もあまり行かない場所になっている」と述べた。


関連記事:ミツバチ専用の水飲み場を設置した神社 「どこからやってくるのか」聞いてみると…

 

■高台にある謎の神社

・合わせて読みたい→四国で非常に激しい雨・各地で猛暑日 住民は「西日本豪雨と同じ感じ」

(取材・文/Sirabee 編集部・Sirabee編集部

祈り方が9割 願いが叶う神社参り入門【Amazon】

神社話題漁師千葉県寺院神様神主高台
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング