食後にコーヒーを飲む理由とは… 意外な歴史にチコちゃんが迫る

『チコちゃんに叱られる』で食後にコーヒーを飲み始めた理由を紹介。酔い覚ましとして科学的にも効果があった。

2022/01/15 10:45

チコちゃん

14日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ、「食後にコーヒーを飲むのはなぜ?」に注目が集まっている。



 

■「ワインの酔いを覚ますため」

食後にコーヒーを楽しむ人も多い。その理由に苦味で口の中のリセットしたり、カフェインで眠気をなくしたりといった効果を期待する人は多いが、実は全く違う理由だった。

チコちゃんの気になる回答は、「ワインの酔いをさますため」という。必ずしもワインやお酒を飲んだ後にコーヒーを飲むわけではないが、どういうことなのだろうか。


関連記事:ダイソー、110円で買える謎のフタ 「天才すぎる発想」に称賛の声も

 

■コーヒーは「薬」として重宝

コーヒーはアフリカ大陸のエチオピアが原産地とされていて、コーヒーの木から取ることのできるコーヒーの実の種を煎って粉にして煮出す飲み物。当初はコーヒーは飲み物ではなく、コーヒーの実をそのままかじったり、潰して脂と混ぜて団子にして食べたりしていた。

その頃のコーヒーの意味合いは、食べ物というより薬としてのニュアンスが近かったようだ。実際にコーヒーには胃の働きを活発にし、生活習慣病の予防も期待されていたため、薬というのも間違っていないのだという。

次ページ
■15世紀に飲み物へ

世界一のバリスタが書いた コーヒー1年生の本【Amazonでチェック】

テレビワインNHKコーヒー肉体労働チコちゃんに叱られるチコちゃん
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング