13人出産でギネス認定の代理母 実子と気づかず他人に委ねた息子と再会を切望

代理母として妊娠するまでの間に、夫と性交渉をもった女性が身ごもったのは、その夫との子供だった。

2022/01/16 06:00

妊娠・妊婦

代理母として多くの子供をこの世に送り出し、ギネス世界記録を持つ女性。そんなベテラン代理母が、自分と夫の子供を出産したことに気づかず、他人の手に子供が渡ってしまった。『Mirror』など海外メディアが報じている。



 

■代理母のギネス世界記録

イギリス・コルチェスターのエセックスに暮らすキャロル・ホーロックさん(55)は、代理母として13人の子供を出産した経歴を持つ。2020年10月には「最も多くの子供を代理母として出産した女性」として、ギネス世界記録に認定された。

キャロルさんが出産してきた子供たちの多くは、他人の精子をキャロルさんの体内に注入する人工授精の形で行われてきた。そのため、ほとんどの子供たちはキャロルさんが生物学的な母親だそうだ。


関連記事:21人の子を持つ富豪夫妻に27回出産した女性 世界の仰天大家族とお母さんが話題

 

■父親違いが判明

キャロルさんが代理母となるため妊娠に挑む際には、妊娠が確定するまで一切の性交渉をしないよう要求されている。しかしながら、夫であるポールさん(69)とキャロルさんは、予防策を取りながら普通の性生活を送っていたのだという。

そんななか2004年6月、キャロルさんの卵子と代理母出産希望者の精子によって、4,300グラムの男の子をが生まれた。

しかし数週間後、事態は一変した。代理出産のエージェントから、DNAテストの結果で男の子の父親はポールさんであることが判明したと、怒りの連絡が入ったのだという。

次ページ
■途絶えた連絡

代理母、はじめました【Amazonでチェック】

代理母出産実子ギネス世界記録翻訳記事DNAテスト
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング