IKKO、美の原点である”制帽”の魅力を熱く語る 「男性も女性もとりこになった」

あるCAの制帽に一目惚れをしたというIKKO。この制帽が、自身の道を切り開く希望にもなったことを語った。

2022/01/18 08:35

IKKO
(写真提供:JP News)

17日放送の『100%!アピ~ルちゃん』(TBS系)に、IKKOが出演。番組内では、自身の美の原点であるCAの制帽についてIKKOが熱く語った。



 

■ある制帽に一目惚れ

CAの制帽のこだわりをIKKOに語ってもらうこととなった今回。そんなIKKOは「50年以上思い続けて、恋焦がれてやまないのは…」と口を開くと、「JALの5代目のミニスカートの頃の、制帽の造形美の美しさです」と続けた。

制帽をこよなく愛するIKKOは、1970年放送のドラマ『アテンションプリーズ』に登場するCAが被っていた制帽に、7歳の頃一目惚れをしたそう。

なお、この当時について「あの時の制帽が超かわいくって…」と振り返ると、「立体感とどんな素材でできてるんだろ?」「どういう風にしたらああいう形にできていくんだろ?」と深く興味を持ったことを明かす。


関連記事:IKKO考案「のりバターごはん」が最高すぎる これは絶対やるべき…

 

■今でもナンバーワンの存在

そのため、7歳の時はテスト中も用紙を裏返しにして、帽子を描いていたとのこと。また、愛しすぎるあまり「この制服の圧倒感・存在感を超える物が世の中にあるのかな?」と思ったという。

その上で「見つからなかったんです」とぶっちゃけると、制帽の魅力について「ずーっと語れるくらい」と笑顔で口にした。番組では、ファッションデザイナーの森英恵がデザインしたこの制帽が飾られている「JAL工場見学SKY MUSEUM」にIKKOが訪問する。

次ページ
■幼少期の苦悩を語る

IKKOのやみつきレシピ【Amazonでチェック】

テレビCATBSIKKO100%!アピ~ルちゃん制帽
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング