有名ファッション誌モデルが夫殺害で起訴 日常的なDV被害で正当防衛を主張

女優、歌手、モデルなどと結婚した男性は、嫉妬も働くのか徐々に横暴になっていくことが…。

2022/01/19 06:00

DV・暴力・暴行

ロシア版『VOGUE』ほか、イタリア、中国、日本のファッション雑誌の表紙をたびたび飾っていた27歳のファッションモデル。現在、夫を殺害した罪に問われている。

しかし事件の裁判を前に注目されるのは、夫の家庭内暴力に苦しみ、漫然とした恐怖を抱えていたという事実だ。『Mail Online』『Mirror』などが詳しい内容を伝えている。



 

■結婚4年の夫を…

夫を殺したとして殺人の罪に問われているのは、ロシア国籍で元ファッションモデルのリリア・スダコワ被告(27)。

リリアは2020年11月28日、サンクトペテルブルクのアパートで、結婚4年の夫だったセルゲイ・ポポフさんをナイフで刺殺したとして、逮捕・起訴されていた。有罪判決なら、最大で懲役15年の実刑判決が予想されるという。


関連記事:出会い系で女になりすました男を殺害した被告 「だましたほうが悪い」と主張

 

■トマトを刻んでいたナイフを…

事件のきっかけとなったのは、リリア被告が性行為を拒んだこと。腹を立てたセルゲイさんはバーで酒を飲み、見知らぬ女性を連れて帰宅すると、「料理を作って出して」と被告に命令。口論の末に、被告は夫を刺殺した。

容疑についてはすべて認めているリリア被告だが、「キッチンでトマトを刻んでいた私は、そのナイフを奪い取られそうになった。自分が殺されると直感した瞬間に、夫の胸を刺してしまった」と説明。夫に対する漫然とした恐怖心からくる正当防衛だと訴えた。

次ページ
■正当防衛は認められるか

刑法まとめノート―故意,因果関係,正当防衛,共犯,実行行為―未遂犯関連・不作為犯【Amazonでチェック】

話題ファッションモデル家庭内暴力正当防衛VOGUE翻訳記事サンクトペテルブルクリリア・スダコワ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング