佐藤寛太&大原優乃W主演新ドラマ『あせとせっけん』 追加キャスト一斉解禁

コミック累計440万部突破の大人気漫画を実写ドラマ化。においで繋がる新感覚恋愛ドラマ。

2022/01/20 07:00


 

■主人公2人を取り巻く“濃い”キャラクター

追加のレギュラーキャスト6名が解禁となった。主人公2人を取り巻く“濃い”キャラクター達の役柄を紹介する。

香太郎の職場、商品開発部の後輩・一瀬こりす役には、『モーニング娘。』のOGで、映画『のぼる小寺さん』で主演を務めた他、今春公開の映画『ツーアウトフルベース』や『樹海村』など、多くの作品に出演する今注目の女優・工藤遥が決定。

一瀬こりすは名取香太郎と同じ商品開発部で、アシスタントを務めている。快活な性格で、ちょこまかと元気に動き回る様子にリスっぽさがあるという役柄だ。

麻子の弟・八重島桂太役には、ダンスボーカルユニット『原因は自分にある。』のメンバーで、恋愛番組『恋とオオカミには騙されない』(ABEMA)や、2月から放送の『卒業式に、神谷詩子がいない』(日テレ)に出演が決定するなど、ブレイクが期待される若手俳優・杢代和人が決定。

八重島桂太は八重島麻子の弟でイタリアンレストランで働く料理人。まだ一人前ではないが、ディナーで出す料理を一品提案させてもらうなど、信頼されている。


関連記事:『この初恋はフィクションです』スピンオフ 「私が〇〇になる日_」配信決定

 

■メガネ男子と優しい経理部長

香太郎の職場・商品開発部の同僚のメガネ男子・涼村悠二役には、SNSの総フォロワー数600万人を越え、「MEN’S NONNO」専属モデルとしても活動するほか、恋愛番組『虹とオオカミには騙されない』(ABEMA)やドラマ『泣くな研修医』(テレビ朝日)など幅広く活躍中の大平修蔵が決定。

涼村は商品開発部で働いており、名取香太郎や一瀬こりすとチームを組んでいる。眼鏡をかけており、冷静沈着でクールな男。香太郎を仕事仲間としてリスペクトしている。

経理部の部長・大蔵仁役には、ドラマ『こちら本池上署』(TBS系)シリーズや『青天を衝け』(NHK)、『危険なビーナス』(TBS系)、映画『るろうに剣心最終章 The Beginning』などに出演する俳優・池内万作が決定。

大蔵は経理部長で、八重島麻子の直属の上司。人に対して気遣いができ、部下からの信頼も厚い。小さな変化にもよく気づく、優しい性格。


■八重子と同じ経理部の同僚

さらに、八重島麻子の経理部の同僚で頼れるアネゴ、明るい性格で麻子のことをいつも気にかけている坂下牧役には中田絢千。同じく八重島麻子の同僚で経理部に所属しており、壊れやすい電卓をよく使っている橋谷修役に森優作が決定した。

・合わせて読みたい→小栗旬主演『日本沈没−希望のひと−』 吉田鋼太郎が主人公の父・天海衛役で出演

(文/Sirabee 編集部・ホンマみつる

あせとせっけん (全11巻)【Amazonでチェック】

大原優乃佐藤寛太杢代和人大平修蔵工藤遥あせとせっけん池内万作中田絢千森優作
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング