東国原英夫、“まん防”めぐる小池知事と尾身会長のズレを指摘 「一体どっち?」

「まん防」適用をめぐる小池都知事と尾身分科会会長の食い違いを、東国原英夫が指摘する。

2022/01/20 00:00

東国原英夫

元宮崎県知事・元衆議院議員でタレントの東国原英夫が19日夜、自身のツイッターを更新。小池百合子東京都知事と政府分科会・尾身茂会長とで、コロナ対策に食い違いが生じていることを指摘した。

【ツイート】小池知事と尾身会長の食い違いに…



 

■21日から「まん防」適用の東京都

政府は19日、新型コロナ対策本部の会合を開き、まん延防止等重点措置の適用を拡大することを決定。これにより、適用中の広島・山口・沖縄に加え、1都12県の計16都県に対象が広がることとなった。

これにより、東京都は21日から来月13日までの間、飲食店の時短営業といった行動制限が要請されることに。これを受け、小池知事は19日に会見を開き、都民に不要不急の外出自粛などを呼び掛けた。


関連記事:東国原英夫、岸田首相・尾身会長の曖昧な呼びかけに反発 「一体どっちなのか」

 

■「一体、どっち?」と指摘

一方、同日の尾身会長は分科会会合後の囲み取材で、“人流抑制”から飲食店などの“人数制限”に対策をシフトすべきだと指摘。「今回は何でもやめるという、ステイホームなんて必要ないと思う」などと発言し、これまでと同じではなく、拡大するオミクロン株に合った対策を求めた。

これに東国原は、「蔓延防止等重点措置。東京の小池都知事は『不要不急の外出は自粛。都県境を越える移動の自粛』を都民に要請。分科会の尾身会長は『人流制限より人数制限』『ステイホームや外出自粛の必要無し』と主張。一体、どっち?」とツイート。小池知事と尾身会長、双方のズレを指摘した。

日本製 不織布マスク 30枚/JN95【Amazonでチェック】

次ページ
■フォロワーも食い違いに困惑?
Twitterツイッター東国原英夫小池百合子新型コロナウイルス尾身茂分科会まん延防止等重点措置まん防オミクロン株
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング