妊娠中に新型コロナ重症化した女性 「死産にも気付かなかった」と悲しみ告白

元気な赤ちゃんに会える日を楽しみにしていたのに…。女性のショックはあまりにも大きい。

2022/01/22 06:30

妊婦・妊娠

新型コロナウイルスのワクチン接種を希望していたものの、断念。感染し重症化した女性が出産したこと、しかし死産だったことを、『The Sun』などイギリスのメディアが伝えた。



 

■ワクチン未接種だった女性

イギリス・ウルヴァーハンプトンで暮らすレイチェルさん(38)が、恋人の子を妊娠し喜んだ。

久々に妊婦になったレイチェルさんは、赤ちゃんのためにも、新型コロナウイルスに感染しないよう気をつけたいと考えるように。そこでワクチン接種を強く希望したが、まだ妊娠初期だったことから断念したのだという。

実際には接種しても問題はなかったが、当時は情報が不足していたようだ。「仕方がない」「接種は産後に延期しよう」と考えたところ、新型コロナウイルスに感染してしまった。


関連記事:新型コロナ重症化した妊婦が「奇跡を信じたい」 子供の無事願うSNS投稿の数日後に死亡

 

■出産にも気付かず…

レイチェルさんは重症化し、3ヶ月半にわたって入院。意識のない状態がずいぶん長く続いたため、妊娠24週で出産したことにも気付かなかった。

赤ちゃんは亡くなっていたが、レイチェルさんがそれを知ったのは、出産から数日たった後だったという。赤ちゃんについて聞かされたレイチェルさんは大きなショックを受け、事実を受け入れることがなかなかできなかった。

次ページ
■悲しみに暮れる家族

しっかりわかる ワクチンと免疫の基礎知識 (池田書店)【Amazonでチェック】

話題妊婦ワクチン死産新型コロナウイルス翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング