ある雪の晩、スケールがデカすぎる「落とし物」と遭遇 第一発見者に同情の声も…

ある雪の晩、街中で女性の叫び声が…。その「原因」があまりに斜め上過ぎると話題になっているのだ。

2022/01/22 04:45

雪だるま(?)

街中を歩いていると落とし物を目にする機会も少なくないが、ときには「犯罪の匂い」をプンプン感じるヤバそうなブツが落ちているケースも。

以前ツイッター上では、そうした範疇に収まりきらないレベルの「ヤバすぎる落とし物」が話題となっていたのだ。

【話題のツイート】これもう禁忌中の禁忌だろ…


画像をもっと見る

 

■道端でとんでもないブツを発見

注目を集めていたのは、ツイッターユーザー・やーこさんが投稿したツイート画像に収められていた光景。こちらは雪の夜に撮影された写真なのだが、何やら疲れ切った様子で道端に座り込んだ人物の姿が確認できる。

雪だるま(?)

さながら「真っ白な灰」のように燃え尽きてしまった矢吹丈を彷彿させるポーズをした人物。こちらは単なる比喩でなく、全身がものの見事に「真っ白」で覆われているではないか…。

じつは件の人物の正体は、やーこさんが作成した雪だるま。やーこさんは、ツイート本文にて「母の悲鳴で何事かと思ったらさっき作った雪だるまだった」と、微笑ましすぎるエピソードを明かしていたのだった。


関連記事:友人からの年賀状、何かがおかしい… 一年越しの「伏線回収」が最高すぎると話題に

 

■母に同情する声が続出…

なお雪だるま(?)をめぐり、やーこさんが「雪だるま作るって言ったじゃん」と説明したところ、母からは「人型とは思わないじゃん!!」と、ご尤もすぎる反論が返ってきたそう。

かの名作漫画『鋼の錬金術師』でも描写されていたように、人間が人間・生命を創り上げる「人体錬成」は現実世界・フィクション作品を問わずタブー中のタブーとされているが、やーこさんはそうした禁忌に触れてしまったのかもしれない…。

雪だるま(?)

なお件のツイートは投稿からわずか数日で1万件以上ものRTを叩き出しており、他のユーザーからは「確かにこれは悲鳴出ちゃいますね…」「雪だるまヒューマノイドタイプ」「よくここまで作れたと思う」「危険すぎるだろ…」といった反響の声が多数寄せられていたのだ。

果たして、件の雪だるま(?)はどのような経緯で錬成されたのか。ツイート投稿主・やーこさんに詳しい話を尋ねたところ、こちらのツイートには、予想外すぎる「前日譚」が存在することが明らかになったのだ。

次ページ
■母の「切り替え」が最高すぎる

人体錬成。ダメ。ゼッタイ【Amazon】

ツイッター話題雪だるま
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング