4月1日から、成年年齢が18歳に これにより「注意したいトラブル」とは…

2022年の4月1日から、成年年齢が18歳に引き下げに。日常生活ではどんな影響がある? 弁護士が解説。

2022/01/23 04:15

海辺の高校生

2022年4月1日から、成年年齢が18歳に引き下げになります。これによって、私たちの身近な問題では、どういったトラブルが想定されるのでしょうか。



 

■成年年齢が18歳に引き下げ

2018年(平成30年)6月に、民法の定める成年年齢を18歳に引き下げることなどを内容とする「民法の一部を改正する法律」が成立。この改正法が、2022年4月1日から施行されます。

これにより、18歳に達すると一人で有効な契約をすることができ、また、父母の親権に服さなくなることになります。


関連記事:これは怖い…クレジットカードの使用で数十万のトラブルに?

 

■女性の婚姻開始年齢は18歳に

また今回の法改正では、女性の婚姻開始年齢も見直され、これまで「男性18歳、女性16歳」とされていましたが、4月1日から女性の婚姻開始年齢も、男性と同じ18歳に引き上げられます。

次ページ
■18歳で成人、注意したいトラブル

大塚製薬 ポカリスエット 2L×6本【Amazonでチェック】

弁護士不動産法律コラムローン齋藤健博成年年齢婚姻開始年齢
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング