9歳女子児童が小学校で頭を強打し死亡 父親の願いで臓器提供へ

学校で、児童同士が激突。それが原因で女の子が亡くなるという、あまりにも悲しい出来事があった。

2022/01/23 06:00

親子・父・子供・子連れ

校内を移動中にアクシデントに見舞われ、頭に大きなコブができた女子児童。学校の対応が遅れたこと、また女の子が死亡し臓器を提供したことを、『The Mirror』などの海外メディアが伝えている。



 

■壁に頭を強打

2021年10月、中国の女子児童(9)が体育の授業に出ようと、あわてて教室から駆け出した。すると同じく急いで移動中だった別の児童が、女の子に激突。小さな女の子は衝撃でふらつき、そのまま壁にぶつかり頭を強打して倒れた。

すぐに体育の教師が気づき、意識を失った女の子を抱えて職員室へ。その時点で女の子はぐったりしていたが、すぐに目を開け元気になったという。ぶつかった児童の謝罪も受け入れ、そのまま体育の授業にも参加したそうだ。


関連記事:マスクを児童の顔に貼り付けた小学校教師 保護者は「転校も検討中」と激怒

 

■女の子の体調が悪化

しばらくすると女の子が「気持ちが悪い」「吐き気がする」と言い出したため、教師が保護者に連絡し、意識を失ったことなどを伝えた。

驚いた父親が確認に向かうと、女の子の耳の上に卵ほどの大きさのこぶができていたという。「大変なことになった」と気づいた父親は救急車を呼んだが、到着を待ちきれず自分の車に乗せて病院へ向かった。

次ページ
■昏睡を経て死亡

防げ!学校事故~事例・裁判例に学ぶ予防策と対処法~【Amazonでチェック】

小学校体育話題臓器提供臓器移植翻訳記事こぶ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング