「子供に悪い仲間ができたら追跡アプリを」 薬物で娘を亡くした女性が涙の訴え

車にこっそりと仕込んでおいたデバイスが、娘を死なせた犯人の特定に結び付いた。

2022/01/23 17:30

日本でも、大人たちが考えている以上に巷には危険な薬物が氾濫し、その気になれば若者でも簡単に入手できる時代になっている。アメリカのある母親は、わが子にそんな不安を覚えたとき、迷わずある行動に出た。しかしその結果は…。



 

■娘が薬物過剰摂取で死亡

アメリカ・ミネソタ州ミネアポリス在住のウェンディ・ポールセンさん。彼女のひとり娘のダニーさんは、19歳の誕生日の直前である2019年9月1日、危険な薬物の過剰摂取により急死した。

その薬物とは、疼痛緩和の目的で利用されてきた麻薬で、麻薬および向精神薬取締法で管理されている合成オピオイドの「フェンタニル」。近年のアメリカでは、過剰摂取で死亡する人の7割がこの薬の依存症だといわれ、1年あたり7~8万人ほどの死者を出している。


関連記事:11歳女児に性的暴行を加え殺害した凶悪犯が獄中死 被害者の父親は「行き先は地獄」

 

■わが子を監視することに

このたび『NEW YORK POST』のインタビューに応じたウェンディさんは、ダニーさんとの関わりについて発言し、世間を驚かせた。

それは「わが子の素行や交際する仲間に不安を感じた私は、監視のため携帯電話にGPSアプリの『Life360』をインストールしました。それは見つかって削除されてしまいましたが、車のカーペットの下に隠しておいた『SafeTrack』というデバイスは成功でした」というものだ。

追跡や盗聴のためのさまざまなデバイスが手に入る現代、わが子を犯罪や事件から守りたいと考え、迷わず利用を決意したそうだ。

GPS 発信機 リアルタイム 追跡【Amazonでチェック】

次ページ
■弟が事件に巻き込まれ…
アプリ話題GPS監視飲酒運転大麻FBIデバイス過剰摂取翻訳記事フェンタニル建築家Life360SafeTrack
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング