ニュース中継現場で車にはねられた女性リポーター 「大丈夫」繰り返すも動揺激しく…

事故に見舞われた女性リポーターの、その後の気丈なふるまいとプロ根性に高い評価が。

2022/01/23 07:30

リポーター・生中継

大勢の人々が、真剣に見ている生放送のニュース番組。その中で数分間を与えられ、事故や事件の様子を現場から伝えるリポーターたちには、独特の強い使命感があるに違いない。そんなひとりの女性リポーターが、あるアクシデントに見舞われてしまった。

【動画】生放送ニュースの中継現場で女性リポーターを車がはねる



 

■生放送の中継現場で…

アメリカ・ウェストバージニア州のNBC系列テレビ局『WSAZ-TV』。そのニュース番組『WSAZ NewsChannel 3』でリポーターを務めているトリ・ヨーギーさんが、現地の19日夜、生中継の現場で車にはねられるという事故に巻き込まれた。

車はそれほどスピードを出しておらず、命に別状はない模様だ。


関連記事:気象庁が「緊急の呼びかけ」 現場リポーターの言葉に藤井アナも危機感

 

■「大丈夫です」と繰り返す

現場は、同州ダンバー市のロクセラーナヒルズ・ドライブという道路。そこで水道管が破裂し、付近一帯が水浸しになっていることを伝えていたトリさんは、ある瞬間に背後から走ってきたSUV車にはねられてしまった。

「なんてことかしら! 私ったら車にはねられちゃったみたい…でも大丈夫。これくらい大丈夫です、ティム」と、番組のアンカーを務めるスタジオのティム・アーさんに知らせている。

次ページ
■大学時代にも同様の経験

事件リポーター・阿部祐二の超ハードでも疲れない仕事術【Amazonでチェック】

ニュース事故話題スタジオ生放送テレビ局生中継リポータープロ根性SUV翻訳記事水道管WSAZ NewsChannel 3
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング