「肥満を理由に解雇された」 人権侵害主張する大柄男性に職場は猛反論

悪いのは体形について細かく伝えなかった男性か、それとも解雇した側か…。

肥満

就職活動がうまくいき喜んでいた男性が、いざ出勤。しかし太っているせいで十分に働けないと上司に判断され、たった数時間で解雇されてしまった。「これはひどい」と激怒する男性について、『The Sun』『The Daily Star』などの海外メディアが伝えている。



 

■就職に成功した男性

オーストラリアで暮らす男性が、キャンプもできる人気のホリデーパークで働きたいと考えた。家から3,000キロ以上離れた土地ではあったが、履歴書を送り、オンライン面接を受けたところ大成功。「ぜひウチで」と言われ、妻と幼い息子を連れて新たな土地に拠点を移した。

引っ越しが終わり落ち着くと、男性は張り切って出勤。このとき初めて男性と直接会った上司は、想像以上に太っていることに気づき不安になったという。


関連記事:「コロナ検査の結果を待ちたい」と仕事を休んだ女性 上司と激突し解雇処分に

 

■たった2時間で解雇に

仕事開始から約2時間が経過したころ、働きぶりを観察していた上司は「この体では芝刈りも無理」「はしごを登ることも絶対に不可能だ」「仕事を任せられるわけがない」と判断。そして男性に「辞めてもらう」と告げた。

いきなり仕事を失った男性は「人権を侵害された」と怒り心頭で、法的措置を検討しているという。しかし上司は「病気(肥満)を秘密にされ雇用したのです」「男性が職場で負傷する可能性を考え解雇しました」と主張。非はむしろ男性にあると示唆している。

次ページ
■「ひどすぎる」と怒る男性

社労士が見つけた!本当は怖い解雇・退職・休職実務の失敗事例55 失敗から学ぶ実務講座シリーズ【Amazonでチェック】

就職履歴書肥満話題解雇人権侵害法的措置翻訳記事オンライン面接
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング