親権得た義兄に「協力する」と伝えたら… 甥の世話を押し付けられた女性が困惑

単独親権を望んだのは義兄なのに、自分が甥たちの面倒を見るはめになった女性が、その苦悩を掲示板に綴った。

子育て・悩み

義兄が単独親権を持つことを検討していた時、家族みんなで「協力するよ」と伝えたことでトラブルに巻き込まれた女性が、掲示板に心情を吐き出し話題を集めた。『The Sun』など海外メディアが報じた。



 

■義兄が単独親権を取得

イギリスの人気掲示板『Mumsnet』に投稿した女性によれば、義兄と元パートナーの女性の間には2人の男の子供がおり、これまでは共同親権を持ち子育てをしてきたのだという。しかし、元パートナーに精神的な問題が生じたため、義兄が単独親権を持つことになったそうだ。

元パートナーは、自身の両親の監督のもとで1ヶ月に1度は子供たちに面会している。面会の回数を増やすことを要望するも、義兄は反対しているのだという。


関連記事:姉の子供を預かった女性の書き込みに同情 「甥の嘘のせいで警察を呼ぶと…」

 

■子供たちの世話は女性任せ

問題は、義兄一家の中で子供たちの面倒を見る時間があるのは、おばにあたる投稿主の女性だけという点だという。

女性には自身の幼い子供が1人おり、現在2人目を妊娠中。そんな身重の女性のもとへ義兄は週3回、時には週末も甥たちを預けにくる。甥たちの朝晩の食事と学校までの送迎など、すべての面倒を女性1人で見ている状態なのだ。

一度、甥たちの預かりを拒否した女性に義兄は、「親権の裁判をした時にはみんな協力するって言ったのに」と言い捨て、甥たちをそのまま置いていったそうだ。

次ページ
■「親権を望んだのは私ではない」

「子の利益」だけでは解決できない 親権・監護権・面会交流事例集【Amazonでチェック】

話題単独親権面会義兄翻訳記事共同親権Mumsnet
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング