ワクチン拒否の男性コロナ重症化で入院も 酸素マスクをはぎとり死亡 

新型コロナウイルスの存在自体認めていない男性が、感染して入院。最後まで治療に抵抗し…。

2022/01/31 19:15

ワクチン・新型コロナウイルス・予防接種・注射

新型コロナウイルスの死者がすでに14万人を超えているイタリアで、ワクチン反対派だったことが災いして重症化した50代の父親と20代の息子。ともに入院となったが、そこで息子が不幸な結末を迎えたことを、イギリスの『Mirror』『Mail Online』などが報じている。



 

■ワクチン接種を断固拒否

新型コロナウイルスの存在そのものを「信用しない」と言い、ワクチン接種を断固拒否し続けた、イタリア・ラツィオ州ラティーナのルイージ・コッセルさん(28)。

彼は今月、55歳の父親と相次いで新型コロナウイルスに感染し、ともに重症化した。父親もワクチン反対派だったことがわかっている。


関連記事:「なるべく早くワクチン打ちに行く」 病床で接種を望んだ男性が新型コロナ死

 

■治療を拒否した翌日…

親子はそろって同県のサンタマリア・ゴレッティ病院に入院したが、父親はより症状が重く、人工呼吸器が必要な状態に陥っていた。

それでも息子のルイージさんは「これはただの風邪。ワクチンも新型コロナウイルスも単なるでっち上げだ」と主張し、治療に抵抗。しかし、入院の翌日には急性呼吸不全と診断され、彼も集中治療室へと移された。

新型コロナとワクチン わたしたちは正しかったのか【Amazonでチェック】

次ページ
■自ら招いた死
イタリア話題帝王切開人工呼吸器新型コロナウイルス翻訳記事ワクチン接種酸素吸入ワクチン反対派オミクロン株
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング