猛犬2頭が女性ペットシッターを急襲 顔面の肉をほぼ失う重傷で飼い主を提訴

ペットシッターとして訪れた先で、重傷を追った女子大生。襲った2頭の犬には安楽死が言い渡され…。

2022/01/31 05:45

猛犬

飼い主に代わって犬の世話をし、散歩をさせるペットシッターのアルバイト。その人気は高いが、アメリカ・テキサス州では先月、大型の猛犬2頭が若い女性のペットシッターを激しく攻撃し、重傷を負わせてしまった。

警察も介入している中、まずは民事訴訟が決定したことを『NBC News/DFW』『Dallas News』などが伝えている。



 

■犬が大好きな女子大学生

ペットシッターのアルバイト先で犬の急襲により重傷を負ったのは、アメリカ・テキサス州のコッペル市に暮らすジャクリーン・デュランさん。

テキサス大学ダラス校に通う22歳の女子学生で、大の犬好きである彼女は先月、ペットシッターの求人を見つけて応募。12月23日、雇用主の家を訪ねたところでその事故が起きた。


関連記事:体重50キロ超の猛犬に立ち向かい… 娘2人を勇敢に守り抜いた母親が死亡

 

■頭部に激しい損傷

呼び鈴を鳴らし、玄関前に立っていたジャクリーンさんは、扉が開いた途端にいきなり飼い犬2頭に飛び掛かられ転倒。犬種はピットブルのミックス、そしてジャーマンシェパードのミックスだった。

鼻、唇、両耳、さらに頬の大部分の肉を失うなどして、ジャクリーンさんは大量出血のなか病院に搬送され、現在も治療が続いている。ただし神経の損傷もひどく、医師からは「数ヶ所については永久に機能が回復しないだろう」と告げられたという。

次ページ
■「謝罪の言葉もない」と父親

ペットシッターちいさなあしあと【Amazonでチェック】

話題ピットブル散歩飼い主提訴飼い犬ジャーマンシェパード翻訳記事ペットシッターテキサス大学過失傷害罪猛犬注意
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング