ハリセンボン箕輪の代名詞、“神経が死んだ前歯”の誕生秘話告白 「ここが現場?」

ハリセンボン・箕輪はるかと近藤春菜が箕輪の地元・吉祥寺をドライブしてトークを展開。

2022/02/04 07:30

ハリセンボン・箕輪はるか

人気お笑いコンビ・ハリセンボンの公式YouTubeチャンネル『ハリセンボンOfficial Channel』では、箕輪はるかと近藤春菜が二人で箕輪の地元の東京・吉祥寺をドライブする動画を3日に配信。箕輪の代名詞だった「神経が死んでいる前歯」の誕生秘話が明かされた。

【動画】ハリセンボン二人っきりのドライブトーク



 

■約5年ぶりの新作動画

2016年にチャンネルを解説したものの、箕輪が特技のけん玉を披露する動画を1本配信してから一切更新されていなかったハリセンボンの公式YouTubeチャンネル。1月28日に約5年ぶりの新作動画を公開、この日はそれに続く、初めてのYouTube撮影となった動画を配信する。

配信された動画では、近藤が運転手を務め、箕輪の地元・吉祥寺をドライブ。車内の箕輪と二人っきりのトークを楽しむ姿が映し出された。


関連記事:北村匠海、理想のデートを力説 カラオケ12時間コースで「喉ぶっ壊れる」

 

■後部座席に座る箕輪に…

運転席で待つ近藤に、「お待たせ」と声をかけて後部座席に座った箕輪。近藤は「こうやってはるかを私の運転で車に乗せるのは2回目なんだけど…前回も後ろに乗ったのよね。そうなると、私ホントに運転手さんなのよ」と苦笑する。

箕輪も「だって、後ろに乗るほうが慣れてるから」と笑いながら反論。「スゴいだって、この後ろ姿がベテランドライバーみたい」と近藤をイジって場を盛り上げた。

改めて再始動した初の動画のため、二人の思い出の地をめぐり、二人っきりのドライブトークをすると決定。約30年間吉祥寺に住んでいる箕輪が、小学校時代に住んでいた「吉祥寺駅から離れたエリア」を中心にドライブしていく。

次ページ
■神経が死んだ前歯は…

GUMウェルプラス 歯周病予防ハミガキ【Amazonでチェック】

吉祥寺ドライブハリセンボン近藤春菜You tube箕輪はるかハリセンボンOfficial Channel代名詞
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング