全身に昆虫864匹のタトゥーでギネス世界記録を持つ男性 「じつは虫嫌い」と告白

苦手なものをあえて身近に置く理由は、恐怖を克服するため? 全身を虫のタトゥーに覆った男性の告白が話題に。

2022/02/05 18:30


 

■恐怖を克服するために…

苦手な虫をあえてタトゥーにしている理由については、「火から逃げるか、それとも火を通り抜けるかの違いです」と説明している。

それはアモイアさんにとって一種の恐怖を克服する方法であり、「私は通り抜けるほうを選びました。そしてそれは、逃げるよりも気分が良いです」と心境を述べている。


関連記事:タトゥーがモノクロのみになる? 発がん性物質危惧しカラーインクがEUで使用禁止へ

 

■タトゥーをNFT化

このニュースに対するSNS上の反応は「苦手なものをタトゥーにするなんて」「どうしてこんなことを!?」という驚きのコメントから、「彼が次に恐れなきゃいけないのは皮膚の病気だね」といったものまでさまざまだ。

なおアモイアさんは今後、その特徴的なタトゥーをNFT(非代替性トークン)化し、収益の一部を恵まれない子供たちのための慈善団体に寄付する予定だという。

・合わせて読みたい→瀬戸康史が描いたハチの絵に驚きの声 「すごい才能」「写真かと思った」

(文/Sirabee 編集部・びやじま

https://amzn.to/3AViXen

タトゥー昆虫ギネス世界記録翻訳記事NFT
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング