勝手な行動に怒った友人に逆ギレし… 「マヨネーズ殺人事件」被告が終身刑に

マヨネーズ好きの被告が、断りもせずある行動をとったところ…。犠牲者ともにキレやすい性格だったかもしれない。

2022/02/10 07:00

マヨネーズ

大好きな人が多いマヨネーズは、どんな料理にもタップリとかければOK…? アメリカで1年ほど前、そんな思い込みがもとで友人同士が激突し、悲惨な殺人事件が起きてしまった。

その裁判が結審したことを、『Des Moines Register』『NEW YORK POST』などが報じている。



 

■勝手にマヨネーズを…

アメリカ・アイオワ州のモノナ郡で2020年12月17日夜、男3人のグループがムーアヘッドという町にあるバーに集まり、飲食していた。出てきた食事に1人が勝手にマヨネーズをかけたことが、事件の発端だった。

そのメニューを注文したケイレブ・ソルバーグさん(30)が、マヨネーズをかけたクリストファー・エルバッハー被告(29)に、「勝手なことをしやがって」といきなり殴りかかったのだ。


関連記事:銃は父親からのXマスプレゼント 米高校銃乱射事件15歳男子生徒に終身刑の可能性

 

■解散後も腹の虫がおさまらず…

これにエルバッハー被告が逆ギレし、乱闘を始めた3人は店を追い出され、そこで解散となった。しかし腹の虫がおさまらないエルバッハー被告は、別の友人をピックアップトラックに乗せ、ハリソン郡ピスガの小さなカフェへ向かった。

知り合いでもあるソルバーグさんの異母兄クレイグ・プライアーさんに電話をかけると、「話し合いがしたい。お前の弟をショットガンで撃ち殺し、家を燃やしてやりたい」などと脅してきたという。

キユーピー マヨネーズ 1kg

次ページ
■車を凶器にし大暴走
カフェバー話題乱闘マヨネーズ逆ギレ正当防衛終身刑自首有罪判決翻訳記事第一級殺人罪
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング