倉持仁医師、患者層の変化を指摘 「コロナほど時期によって変わる疾患はない」

倉持仁医師が時期によって変化する新型コロナウイルス感染患者について指摘。変異検索の必要性も訴えた。

2022/02/11 15:30


 

■「増える一方」との声も

現場の所感では減っているというものの、倉持医師の投稿には「こちらでは、増える一方です」「少しでも減ったら学校行かせようと思ってるのですが、 増え続けてるんです」などの声が多くあがり、油断は出来ないようだ。

「いつもしている感染症対策をいつものように実行するしかなさそう」という意見も見られたが、今までと同じように個人レベルでも対策を続けていくしかなさそうだ。


関連記事:倉持仁医師、デルタからオミクロン株への「急速な移行」に言及 感染拡大に危惧

 

■時期による層の違いを指摘

・合わせて読みたい→倉持仁医師、オミクロンとデルタの混在に警鐘 「体制構築が必要」

(文/Sirabee 編集部・綾崎 かなめ

日本製不織布マスク30枚/JN95【Amazonでチェック】

ツイッター話題新型コロナウイルス感染者数PCR検査感染対策変異株デルタ株オミクロン株倉持仁入院患者
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング