志らく、YouTube初動画でM−1回顧 「4年間で1番心にきたのが…」

立川志らくがYouTubeチャンネルを開設。4年間審査員を務めているM−1で1番心にきたコンビについて語った。

2022/02/12 17:35

立川志らく

落語家の立川志らくが12日、自らのYouTubeチャンネルを開設。初めての動画で、4年間審査員を務めているM−1グランプリについて語った。

【動画】志らくのYouTubeチャンネル初投稿



 

■YouTubeチャンネルを開始

パイロット版として『ゴットファーザー』について紹介した2日の動画が、1分半という短さのうえ映像も暗かったため『問わず語りの神田伯山』(TBSラジオ)で神田伯山に指摘を受けてしまった志らく。

冒頭で神田の指摘に触れ、「伯山のほうが評判悪いですね。もう好感度逆転しました」と応戦した。


関連記事:『M−1』審査員・上沼恵美子の登場に「痩せた?」と驚きの声

 

■M-1の審査員を回顧

志らくは昨年のM−1グランプリについて振り返り、過去には師匠の7代目立川談志がM−1の審査員を務めていたこともあり、その縁もあって審査員を「4年やらせていただいているんですよ」と説明。

「なんで落語家がM−1の審査員を…」という批判に、自分も「立川ボーイズって(立川)談春さんと組んでコントとか漫才やってましたから」と漫才経験を紹介した。

M−1グランプリ2021【Amazonでチェック】

次ページ
■「1番心にきたのが…」
YouTube漫才TBSラジオコント審査員立川志らくM-1グランプリ立川談志神田伯山ランジャタイ問わず語りの神田伯山立川談春
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング