薬物中毒の20代母が3歳娘を刺殺 「アニメキャラが刺せと言った」  

母親は取り調べのなかで「なぜ娘にそのようなことをしてしまったのか、前後不覚で全くわからない」と話した。

2022/02/13 05:00

ナイフ・刃物・女性

日々幼い子供の育児に追われ、イライラや不安から解放されようと、徐々に薬物が手放せなくなっていったというアメリカ・ミシガン州の女。その影響下でわが子を殺害してしまったことを、地元メディアの『mLIVE』ほか『Daily Beast』などが報じている。



 

■ゴミ袋から子供の脚が…

事件はミシガン州イオスコ郡のタワスシティという町で、昨年9月16日に起きた。子育て中のジャスティン・ジョンソンという22歳の女の自宅を17歳の弟が訪ねたところ、姪にあたるサットン・M・モッサーちゃん(3)の姿がなく、姉の様子がおかしかった。

弟が捜索すると、自宅の外にあるゴミ収集用のダストボックスに捨てられたサットンちゃんの遺体を発見。黒いビニール袋から足が出ていたといい、遺体の胴部には複数の刺し傷があった。


関連記事:かねてから疑惑ありの中学教師が違法薬物取引 逮捕後の人相の悪さも話題に

 

■「アニメキャラの命令」

少年が警察に通報し、駆け付けた職員はジャスティンの身柄を拘束。薬物の影響下にあることは明白で、リビングと寝室には血痕があり、計3本のナイフが押収された。

ジャスティンは容疑内容を認めたが、犯行動機については「アニメの『スポンジ・ボブ』をテレビで見ていたら『娘を刺し殺せ。さもないと、おまえが殺されるぞ』とスポンジ・ボブに言われた」などと話したという。

次ページ
■育児のかたわらヘロインを…

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

アニメキャラクター話題薬物依存ヘロイン翻訳記事スポンジ・ボブ幼児虐待重罪謀殺
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング