不法投棄のラブドール 名前をつけ被害者として丁重に扱う警察に反響集まる

不法投棄されたラブドールに名前をつけるなどユーモアセンスが光るその投稿には、1週間で37,000以上の「いいね」が。

2022/02/13 06:00

マネキン・ラブドール

このほどアメリカ・ジョージア州のある保安官が、Facebookを通じて「不要になったラブドールを捨てないで」と人々に呼びかけた。

そのラブドールを被害者と呼び名前も与え、丁寧に接している様子が話題を呼んでいる。アトランタのメディア『FOX5 Atlanta』『WSB-TV』などが伝えた。



 

 

■「若い女性の半裸遺体が」

Facebookに話題の書き込みを行ったのは、ジョージア州の中央に位置するジョーンズ郡の保安官であるブッチ・リース氏。

同郡にある国有林ヒッチッティ・エクスペリメンタル・フォレストの、ハイキングコースを歩いていた人から今月3日、「雑木林に若い女性の半裸遺体が投棄されている」との通報があり、職員が現場に駆けつけたという。


関連記事:くりえみ、露出過多なセクシー衣装で魅了 「お人形さんの透明さ」と大絶賛

 

■遺体はラブドールと判明

いくつかのゴミに混じり、うつ伏せに寝かせられていたブロンドヘアの若い女性。身につけていたのは、ぼろぼろのキャミソールとショートパンツのみだった。

保安官代理や職員が近寄ってみると、それは人間ではなくセクシーなラブドールと判明。人形は大変リアルで、湿った木の葉や土などでかなり汚れており、目撃者が人の遺体と勘違いするのも無理はなかったという。

次ページ
■「順調な回復ぶり」

アタック 抗菌EXスーパークリアジェル 1.6kg×2個【Amazonでチェック】

ラブドールゴミ話題不法投棄遺体DNA検査翻訳記事雑木林
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング