生き別れた妹と再会し男女の仲になった兄 彼氏ができた妹に激怒しバットで殴殺 

海外にいた妹を呼び寄せ一緒に暮らし、男女の仲になった兄。ほかの男性の影に嫉妬し、妹を殴殺してしまった。

2022/02/20 04:30

拳・パンチ・怒り

長年にわたり生き別れになっていた兄と妹が再会し、一緒に暮らすようになったが、なぜか2人は男女の仲へと発展していった。

妹が人生のすべてと化し、強く執着した兄。やがて恐ろしい殺人事件が起きたことを、『The Independent』『PENN LIVE』『NEW YORK POST』など、欧米の多くのメディアが伝えている。



 

■生き別れの妹と再会

この事件の加害者は、グアテマラ生まれで家族とともに3歳でアメリカ・テキサス州エルパソ郡に移住した、ホセ・マニュエル・グズマンという32歳の男。麻薬の密売で生計を立てていた。

あるとき「生き別れの妹が祖国にいる」と知らされ、妹を探し出して呼び寄せ、カヌーティージョの自宅で一緒に暮らすようになった。

しかし、あるときからホセは妹に性的魅力を感じるようになり、やがてふたりは男女の関係に。しかし、その性行為が強要によるものか合意の上かは、明らかにされていない。


関連記事:腹痛訴えた12歳女児が実の兄との子を出産 複雑な家庭環境が浮き彫りに

 

■妹が別の男性とも恋仲に

そんな中、事件は今月1日の深夜に起きた。兄とは別の男性とも交際するようになっていた妹は、ある晩、その男性を自宅に招き入れ関係を持った。

しかしそれが兄のホセに気づかれた。裏切られたと激怒したホセは、男性を追い出すと愛していたはずの妹を暴行し、野球のバットやマッサージ器で殴り殺した。

兄が妹で妹が兄で。 (全7巻)【Amazonでチェック】

次ページ
■母親が警察に通報
嫉妬話題覚せい剤麻薬コカイン生き別れグアテマラ殴殺翻訳記事テキサス州
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング