動物保護施設でボランティしていた高齢女性 心閉ざした大型犬に噛み殺される惨事

犬を愛し献身的に世話をしていたのに、あまりにもひどい目に…。

犬・女性

高齢にもかかわらず、無給で保護動物のケアにあたっていた女性。しかし凶暴な大型犬に襲われ亡くなってしまったことを、『New York Post』などアメリカのメディアが報じた。



 

■保護犬の世話をしていた女性

アメリカ・フロリダ州で暮らしていたパム・ロブさん(71)は、とても優しい女性だった。普段は100匹以上の保護犬が暮らす施設に通い、ボランティアスタッフとしてせっせと働いていたのだという。

そんなパムさんが1ヶ月ほど世話をしていた1匹の大型犬が、先日いきなり暴れてパムさんを襲撃。元気だが高齢のパムさんは45キロ超の犬に襲われ、まったく抵抗することができなかった。


関連記事:飼い主の胸を異常に気にする保護犬 「乳がん発覚につながった」と女性が感謝

 

■凄まじかった襲撃

一緒に働いていた女性スタッフは、パムさんが腕を噛まれ地面に倒れ込む姿を見て救おうとした。自らもけがを負いながら懸命に犬を引き離そうとしたが、犬はパムさんが死ぬまで噛み続けたという。

この犬は元飼い主に虐待され捨てられたとみられ、保護された後も心を閉ざしたままだった。そこでパムさんはしっかり寄り添いながらケアしていたのだが、その気持ちが犬に通じることはなかった。

次ページ
■悲しすぎる結末

犬がくれた「ありがとう」の涙 ある保護犬ボランティアの手記 (文庫ぎんが堂) 【Amazonでチェック】

ボランティア話題虐待保護犬安楽死翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング