AirTagを悪用した犯罪が怖すぎる… 弁護士がもしもの対処法などを解説

毎日使う大切なものを簡単に探し出せる、便利なAirTag。しかし、これを悪用した犯罪が海外では報告されている。

2022/02/23 17:50

酷く落ち込む女性

技術の進歩によって、様々な便利グッズが登場している昨今。しかしながら、そうしたアイテムが犯罪の手口として悪用されるケースも報道されています。



 

■AirTagを使った犯罪

鍵やリュックなど、毎日つかうものに取り付けておくことで、アプリを使って簡単に探し出せるようになる、Appleの「AirTag」。

しかし、欧米ではこのAirTagがストーカー行為や盗難などの犯罪行為に悪用されたケースが報道されています。SNS上でも、店でコートにAirTagを仕込まれ、追跡されてしまった…といったケースなどが拡散され、注目を集めました。


関連記事:恋人の浮気を疑い… 若い男性のおよそ8人に1人が「購入しているもの」

 

■日本ではどんな罪になる?

弁護士・齋藤健博先生

自分の持ち物に勝手にAirTagなどのグッズ設置されることは、どんな罪になるのでしょうか。齋藤健博弁護士によると…

齋藤弁護士:用いられ方次第です。たとえば、失くしたくないものに対して持ち物につけるAirTagは、個人のプライバシーに密接に関わるものになります。


AirTagを使って知りえた個人の住所などをもちいてストーカー行為に及んだ場合にはストーカー規制法違反の犯罪、民事上の不法行為が成立し、損害を賠償する義務が生じます。

次ページ
■使われ方次第で様々な罪に問われる

Apple AirTag【Amazonでチェック】

弁護士法律コラムiPhone話題齋藤健博AirTagAppl
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング