11億円超の当選くじを妻に贈った夫が話題 「愛してる」の言葉とともに…

30年間かけて全額を受け取るか、税金を支払い一括で約7億5,400万円を受け取るか…。

2022/02/25 05:30

宝くじ・スクラッチ

バレンタインデーが過ぎ、素敵なプレゼントを贈った、贈られたという話が連日のように飛び出しているが、こちらの宝くじの話題はいかがだろうか。アメリカの『OUTSIDER』や『NEW YORK POST』などが報じ、人々を「文字通りケタ違いの愛情だ」と驚かせている。



 

■日頃の感謝と愛を込め…

あまりの太っ腹ぶりと愛情が話題になっているのは、バージニア州プリンスウィリアム郡のヘイマーケットに暮らす男性。最近、『Extreme Millions $10,000,000』というスクラッチ式の宝くじで、見事に1等賞を当てていた。

そしてバレンタインデーだった2月14日、日頃の感謝の気持ちを込め、「愛しているよ」の言葉とともに、当選くじを妻のマリア・チカスさんにさらっと手渡したそうだ。


関連記事:親戚に贈った宝くじが高額当選 ドケチ妻に怒られ悩む夫の投稿に掲示板炎上

 

■妻さえ喜んでくれれば…

男性はバレンタインデーの数日前、1人でマナッサス市にあるスーパーマーケット『IN & OUT MART』に出かけた際に、その宝くじを30ドル(約3,400円)で購入して当選を知った。

自身の資産にすることも可能だったが、喜びも悲しみも妻とともに…という男性は、妻の喜ぶ顔が見たくて、なんと当選くじそのものをマリアさんに譲ることにした。「なんていい夫なの」と騒がれているが、そんな夫である男性の名前は、明らかにされていない。

次ページ
■「君はこれで億万長者だ」

宝くじ超当せんデータ「当たる人のルール」がわかった【Amazonでチェック】

プレゼント宝くじバレンタインデー当選億万長者スクラッチ翻訳記事バージニア州
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング